曼珠沙華の花道

曼珠沙華。
明々と血のいろ。

赤鬼がこしらえた
冥界のシャンデリア。

閻魔さまに叱られたって
かわらない気持ちがあるでしょうね。

華は火花をちらし
暗い想いをしばし照らす。

曼珠沙華。
しろじろと涙いろ。

雪女が編んだ
氷のレース。

誰もわかってくれないと
信じて生きているのでしょうね。

華はひんやりと
熱い悲しみを包みこむ。

駄々をこねる死人や
死んだつもりで生きる人。

紅いやすらぎ、白い怒り。
いのち弱さゆえの物語。

曼珠沙華、曼珠沙華。
冥界へと続く紅白の花道。

……………

お寺では曼珠沙華が花盛りでした。
ひとが思いに焼かれているときはものすごく楽しかったり
または耐えられないほど苦しいものです。
それもこれも命の証だねえ、
と曼珠沙華の花道が語っているようでした。

☆今日もお読み頂きありがとうございます。
Please Click for the blog ranking sites. Thank you!
↓ランキングに応援クリック↓よろしくお願いいたします。
  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。